【物語詩】美しいロバと、いびつなサイコロ

美しいロバがいた。彼は世界で一番美しいロバであると、ロバの間では評判だった。彼は今の姿に満足していなかった。いつも、ロバであることにため息をつくばかり。

ロバであるというコンプレックスは、日を追うごとに深まった。彼は字を読めなければ書くこともできず、いくら学ぼうとしても頭に入ってこないのだった。

彼が思いつめていたとき、森の神様が現れた。彼は思い切って、森の神様に尋ねてみた。

「森の神様、なぜ私はロバなのでしょう?ロバでいたくありません。ロバの仲間に美しいと言われてもしかたないのです。」

森の神様は微笑みを浮かべながら、
「美しいロバよ、お前にはロバなら誰もが羨む美貌がある。それで満足すればいいではないか。お前はお前が手に入れるものではなく、お前にあるもので何ができるのか考えなければならないよ。」

彼は、ロバとして、自分にできるものはなにもないと思っていた。彼の最後の望みは、ロバそのものでなくなることだった。

森の神様は目をつむり、彼の蹄のそばにそっとサイコロを置いた。形の明らかに悪いサイコロであった。

「お前にこのいびつなサイコロを贈ろう。神様になれるよ。」

神様になりたいわけではなかったが、ロバでいるよりかはいいと思って、サイコロを受け取った。彼は、今までやりたいことがなかった。サイコロを振るという最後の仕事ができて、内心喜んでいた。

「このサイコロを振って、68が出れば、お前はロバをやめることができるよ。」

森の神様は今までと変わらない愛情で彼を包みながら、やわらかいまなざしとともに消えていった。

彼は、文字も数字も読めなかったので、68という数字がどこにあるのかわからなかった。彼の後悔が増すごとに、鬱蒼とした森は、まるで光の入り口を少しずつ失っているかのようであった。

森の神様と一緒にいたとき、どうして68がどれなのか聞けなかったのだろう。

彼はロバとしてあまりにも孤独で、他のロバにも68のことについて尋ねることができなかった。

彼は死ぬまで、森の神様にもらった、いびつなサイコロを振って過ごした。68という数字がいつか、ロバという自分を解放してくれると信じて。美しい彼がただひたすら、いびつなサイコロを振る姿は、暗くなった森と対照的であった。光の少ない、寂しい森におびえていたロバたちに、彼の光るほどまぶしい姿が勇気を与えていた。

彼のお墓には今でも、いびつなサイコロが飾られている。

68という数字は、サイコロのどこにも刻まれていない。
サイコロにはただ、彼の美しさによって救われたロバたちの名が記されているのであった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする